都心にほど近い神奈川の住宅地で鶏やチャボを飼育しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
前回から4日たったのでチェックします。

まず前回発生していた卵
ちょっと日にちが経ち過ぎたようですね。
成長し過ぎて光を通さなくなってます。
以降はもっと黒くなって全く何もわからなくなるだけです。





次に前回不明としていた卵

今回は間違いなく発生してません。
破棄します。




そして追加した卵1個目
うーん、これは発生してないようです。




そして追加2個目
判りづらいですが2本の血管が見えます。
発生してます。




これで孵卵器の中は7個の発生した卵で埋まりました。
後入れの1個を除き、中止しなければ7月10日前後に生まれるはずです。

最初に入れた卵はもう検卵はしないので、後の1個を数日後にもう一度チェックしてあとは生まれるのを待つだけです。
鶏やウズラの雉類は、生まれてすぐ自分で飲み食いできるので他の鳥のヒナに比べるととても楽です。
また、今は時期的にも暖かいので管理しやすくていいですね。
スポンサーサイト
[ 2015-07-02 (Thu) 00:32 ]   Comment(0)
   Category:未分類
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。