都心にほど近い神奈川の住宅地で鶏やチャボを飼育しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
どうやっても食べてくれず、このままでは駄目だと、
先週末小鳥の病院へ連れて行き、診断を受けると、
毬藻鶏さんからも指摘を受けた食滞だとのことで、
そのうの内容物を調べると、かなり雑菌が繁殖しており、
かなりの脱水症状で危ない状態との診断。

ヒナを親から離すのが早すぎたのではないかと言われ、
確かに前回より早く離してしまったので、もしそれが原因なら
とてもかわいそうな事をしてしまいました。

鳩のヒナは孵化直後から一定期間、親のそのうで造られるピジョンミルクを与えられて育ち、
その間に免疫力をつけて行くので、早い段階からさし餌で
育てるのは難しいと言われているのです。

予備知識として持ってはいましたが、前回がうまく行ったので
多少早くても大丈夫だろうと、離してしまったのが失敗だったかもしれません。

病院では、注射を打ち、抗生物質と、胃腸薬を処方してもらい、
連れて帰りましたが、

翌朝餌を与えに行くとすでに冷たくなっていました。

こうして、おそらく自分の判断ミスが原因で2羽のヒナを死なせてしまい、
ヒナたちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。



病院へ行く前の状態
与えた餌を吐き戻して胸が汚れてしまっている



スポンサーサイト
[ 2015-05-11 (Mon) 23:40 ]   Comment(0)
   Category:薄雪鳩
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。