FC2ブログ
都心にほど近い神奈川の住宅地で鶏やチャボを飼育しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
4月22日に巣上げした2回目のヒナたちですが、
当初1~2日孵化日の違いでかなりの体格差がありましたが、
下の写真が現在です。
ほぼ同じ、というより下の子の方が若干大きくなっています。
実は、大きい方が後から孵化した子です。
この子の成長が素晴らしく良い、のではなく、
早い子の成長が遅いのです。

実は、極端に食が細いのです。
最初は気づかなかったので、途中から具合が悪くなったのかも知れませんが、
そのうが空の状態で餌を与えても、1ccも入らずに(もう一羽は3~4cc)
口からあふれてきてしまいます。
もちろんそのうは全然膨らんでません。
また、食欲もないので強制的に与えているような状態です。
早くたくさん食べられるようになって欲しいものです。


4月22日  巣上げ当日


4月29日  遅生まれの子の方が若干大きい


こうして比べても明らかに元気が無い


目をつぶっている事が多い





一方最初のヒナたちは、
もうすっかり親と同じ大きさに成長し、身体も丸みが取れスッとしてきました。
身体の成長と同時に性格にも変化が見られ、
最初から逃げなかった子は今も同様に手を出せば乗り、
気が向けば肩にとまったりするレベルの人馴れを保っていますが、
最初に逃げ気味だった子は、挿餌に慣れてきた頃は自分から手に飛び乗って来て
餌をねだったりするくらいまで慣れていたのですが、
それはあくまで「餌の為」だったようで、
一人餌になった今では、手のひらを返したように、
まるで、「あんた誰?近寄らないで」
とでも言ってるような反応にトホホです。

まあ、親鳥の様に、餌変えの度にパニックになるような怖がりかたではないので良しとします。


すっかり大人の立ち姿


普通に手に乗る子


一方こちらは 指を出しても


迷惑そうに


すり抜けられて終わり


成長したヒナたちには、今のカゴでは少し狭いような気がするので、
先日チャボたち鳥小屋に移し、それまで使っていたケージが余っているので
それに引越しすることにしました。

大きいケージに最初は戸惑っていた2羽ですが、そのうち底網の上で寝そべったり
すぐにくつろぐようになったので、引越しして正解だったようです。


ちょっと狭いかな


2羽でも余裕です。



スポンサーサイト
[ 2015-04-29 (Wed) 22:51 ]   Comment(0)
   Category:薄雪鳩
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。