都心にほど近い神奈川の住宅地で鶏やチャボを飼育しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
昨日の朝、いつものようにセブライトの様子をチェックすると、一昨日よりさらに弱っています。
持ち上げてお腹を触ってもほとんど体温を感じる事ができません。
ほぼ何も食べずに3日目なのでエネルギーが造れていないので当然です。

一昨日と同じ様に餌を食べるように促しますが、全く反応しません。
続けて、水を飲むようくちばしを少し水につけてやると、一昨日は全く反応が無かったのですが、今回は弱々しくですが、3回ほどほんの少し水を飲みましたが、それ以降はくちばしを水につけても反応しません。

新聞紙を変え、定位置に寝かせてやり、その後も日中何度か餌、水を与えようとしましたが、口をつけず、その度に苦しそうに鳴きます。

夜8時位に見に行くと、弱々しく鳴き続けています。
暗くなってから鳴いているのは初めて見たので、よほど辛かったのでしょう。
尿で、足や身体が濡れていたのでふき取り、反対側の綺麗な方に寝かせてやりました。

そして今朝
いつもと同じように横たわっていますが、既に身体は冷たく硬直していました。

4月25日に、初めて病院に連れて行ったときの体重は485gと、すでに2週間も寝たきりに近い状態だったので、この鳥の平均(550g位)より大分軽かったのですが、
今日計ると、目を疑いましたが230gしかありません。
こんなになるまで頑張っていたと思うとかわいそうでなりません。

2ヶ月近く、常に気に掛け介助をしていたので、喪失感もかなりありますが、
「やっと楽にしてやれた」
という気持ちが強いです。
やはり、自分が手助けしているせいで、苦しみを長引かせてしまっているという思いが、常にどこかにあったからだと思います。

やっと苦しみから開放されたのだから、思う存分飛び回っていてほしいです。



昨日の朝

やはり餌には全く口を使わない



ほんの少しだが水を飲んでくれた



掃除を終え横にする





そして今朝

2ヶ月近くこんな狭いところで寝たきりで頑張っていた


スポンサーサイト
[ 2015-05-29 (Fri) 18:50 ]   Comment(0)
   Category:セブライトバンタム
昨日からセブライトの調子が急激にわるくなり、一日中ほとんど目を閉じており、
餌も全く口をつけた形跡がなく、水もまたほとんど飲んでいないように見えます。

ここまで2ヶ月近く頑張っていますが、頑張り過ぎなのでもうそろそろ休んでも良いかもしれません。
我が家の鶏の中でも最も身が軽く、ケージの外に出ると、いつも高いところに自由に飛び上がっていた鳥が今では、起き上がることも、満足に身体の向きを変えることも出来ずに苦しんでいる姿は本当に痛々しいです。



朝、新聞紙を交換したが、餌も水も昨日の朝入れたままの状態で全く減っても、汚れてもいない


餌を食べるよう促すが食べようとしない



水も同様口をつけない


今日一日でした糞はこれだけ、尿素と水分だけ
今日もほぼ何も食べていないようだ



苦しそうに鳴いています


[ 2015-05-27 (Wed) 22:31 ]   Comment(0)
   Category:セブライトバンタム
前回書いた時から2~3日、とてもよく食べ糞もたくさんしていたのですが、
昨日から急に食欲が落ち、下血するようになり、頻繁に苦しそうに鳴いています。
今まで、ほとんど声すら出さなかったのに、よほど苦しいのだと思います。

今日は、朝大量の下血があり、それ以降餌を食べた形跡も無く、
夕方までひとつの糞もありませんでした。

もうそろそろかもしれません。


本当に苦しそうな声で鳴いており、見ているのが辛い

[ 2015-05-11 (Mon) 23:52 ]   Comment(0)
   Category:セブライトバンタム
セブライトが動けなくなってから今日でちょうど1ヶ月が経ちました。
急に歩行困難になり、じきに立ち上がる事もできなくなり、
病院では、これからはどんどん衰弱して死ぬだけ、といわれたので、
正直こんなにもつとは思ってませんでした。

頑張って生きてるんですが、こんなになっても頑張って生かせていていいのか
という気持ちもかなり強くあります。
以前、飲食の補助はもうしないと書きましたが、
身体が反対を向いてしまい、どうしても水や餌のところに向き直れずいる状態を戻してやると、
いったい何時間飲めずにいたのだろう、と思うほどおいしそうに水を飲み続ける姿を見ると
やはり手助けしてしまいます。



左足は伸びたまま動かない


この状態で餌、水を摂る


いつも右側を下にして横になっているので、竜骨が圧迫され曲がってしまった


セブライトを世話した後はかならずアルコールで手や器具を消毒する
[ 2015-05-07 (Thu) 13:20 ]   Comment(2)
   Category:セブライトバンタム
昨日セブライトを横浜小鳥の病院へ連れて行きました。

4月7日に様子がおかしくなってから、日に日に悪くなる一方でかわいそうなので、
専門病院に診てもらうことにしました。

9時半の予約で9時15分に到着した時には3台ある駐車場は埋まっており、
目の前の道路にも一台空き待ちの車が居たので近くのパーキングにとめ
待合室に入るとすでに人がいっぱい。
完全予約制でも、待合室は常に患者さんであふれています。


足が伸びきってしまっているセブライト



受付で鳥の状態をチェックし、
状態が良くないのでこのまま診察まで中で預かるとのことで
自分だけで順番を待ち、しばらくして呼ばれて診察室へ、
先生曰く、足は完全に麻痺していて、翼もあまり動かないようなので
レントゲンと血液検査をするので結果は1時間後になるのでそれまで待機します。
これが待合室が人であふれてしまう原因かな、と思いつつ外へ出て車で時間を待つことに、

1時間後再度診察室へ行くとまず、レントゲン写真の所見は全く問題ないとの事。
つづいて、血液検査。




気になっていた血中カルシウムの値は問題無いが、白血球の値が異常に高いとの事。

もし、神経が損傷しているならば、足だけとか、羽だけとかのパートが麻痺するはずだが、どうも全身が麻痺しているようなので神経の損傷は考えづらく、考えられるのは
脳を原因とする神経麻痺。
そして、血液検査の結果から考えられるのは
リンパ性白血病
そしてその病気を引き起こしている原因は推測ではあるが
レトロウイルス
ではないだろうかという事で、もしそうなら治療方法はなく、
どんどん悪化して確実に死ぬ病気との事で、想像していた病気よりはるかに複雑で重篤な病気らしいことに驚きました。

おそらく生まれた時から病気を持っていて、ここで発症したのではないか、
また、糞などを介して生体間で伝染するというおそろしい病気なので、隔離する必要が
あるが、感染したからといって全てが発症するわけではないなどの説明を受け、
伝染に関しては、この鳥は迎えた時からずっと一羽でケージ暮らしなので
その点は一安心です。

ひとまず何か薬をという事だと思いますが、下の抗生物質とステロイドを混合した
シロップ薬を出してもらいました。



シロップ薬と1ccのシリンジ


足はほとんど動かない


この姿勢で目をつぶっていることが多い
餌は新聞紙にも蒔いて置く


現在は、餌も何とか生きていけるという量しか食べず、
水もほとんど減らない様な状態で、全体感はかなり悪いです。
これが先生の言った病気ならば、どんどん弱って死ぬだけで、
それならば今後、水飲みや食餌の手助けも過剰にはせずに
自然に任せていこうかと思います。


[ 2015-04-25 (Sat) 19:16 ]   Comment(2)
   Category:セブライトバンタム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。