FC2ブログ
都心にほど近い神奈川の住宅地で鶏やチャボを飼育しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
食用鳩と言っても食べませんよ
キングというフランスの食用鳩だそうです。
しかも血統書までついてます。
食用鳩を観賞用として育てているのでしょう

大きくなると言う言葉にひかれて手に入れたのですが、
鳩の事はまったく知らないので、色々と質問してから決めました。
基本的にニワトリの様に庭に放して遊ばせる事を期待しているので
①普通の鳩と同じ様に飛ぶのか?
②庭に放し飼いできるか?
③体重はどの位に成長するか?

回答
①小屋の中では飛べるが飛んで逃げるほどの飛翔能力はない(体重が重いため)
②飛ぶ力が弱いのと、とても大人しい種類なので、飼い主に慣れれば逃げることはない
③平均700g~900g 1kgまでなるものもいる

という事で900gといえばうちの小ぶりなウコッケイなみなのでかなり大きくなる=飛べない
と判断しました。


この写真をみて、随分首が太くごつい鳥だなと興味を持つ


我が家に来た食用鳩


普通の鳩よりは少し大きいくらいで特にごつくない?
もしかして上の写真の縦横比率おかしいかも


血統書
名前の欄に食用鳩と書かれている
また、作出者の詳細、所有権カードまであるという、随分と由緒正しい鳩の世界




そして家に来た鳩を庭で箱から出そうとしましたが、
念のため家の中で開けることに。

ニワトリの感覚で箱を開けると、
まるで手品鳩よろしく勢い良く飛び出し、部屋の端まで飛んで行きました。
いつもニワトリばかりなので、こんなリアクションにはなれておらずポカンとみているだけ。
正に鳩が豆鉄砲食らったように(笑)
「エ~~ 飛ばないって言ってたのに、思いっきり飛ぶよこれ」
庭先で箱を開けないで良かったです。
おそらく、鳩を飼ってる人にすれば、レース鳩に比べれば全然飛ばないという事だったのでしょう。
でも、ニワトリ飼いにとってはものすごく飛びます。
というか、全く普通の鳩にしか思えません。

イメージではジャンプに毛が生えた程度しか飛べない鳩が、チョロチョロと歩き回る
だったのですが、捕まえようとすると見事に飛んで逃げます。
まるで普通の鳥です。

飛べない鳥を考えていたのでケージ飼いを前提にしていましたが、
ケージの中でものすごくバタつきます。
来てすぐだからかも知れませんが、かわいそうなのでニワトリ小屋に入れてみると、
即座にチャボが攻撃を仕掛けるので長時間は難しそうです。

当面はケージ飼いで、たまにニワトリ小屋で遊ばせるというパターンですが、
これだけ飛べるのであればケージではかわいそうなので、小さくても専用の小屋を作ってやらなければいけないかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2015-06-17 (Wed) 01:01 ]   Comment(0)
   Category:ペットたち
シロ
シロ
もうすぐ7歳になるオスのラグドール
いまだに甘えん坊で遊び好き
性格は超オットリ系。
[ 2015-03-26 (Thu) 18:12 ]   Comment(0)
   Category:ペットたち

冠ウズラ

その名の通り頭にチョコンと冠というかちょんまげというかがついた美しいうずら。
全然人馴れしてないためあまり近づくと動き回って写真が撮れない。


コリンウズラ(ボブホワイト)

とても美しい声で鳴くうずら。
また、動きがゆっくりでやさしい。


並ウズラ(ノーマルカラー)

並ウズラ(色変わり)

並ウズラ(色変わり)

姫ウズラ


薄雪鳩
オーストラリア原産の世界最小鳩
ほぼセキセイインコと同じ大きさで小さい声でポーポーと鳴く
とても臆病で餌変えで手を入れるたびに激しく飛び回る。


セキセイインコ(メス) キーちゃん
きついとは思っていたけどまさかオスをかみ殺してしまうとは.....

セキセイインコ(オス) ハクちゃん 27年3月没
2羽同時にペットショップから連れて帰り挿餌して育てたが、その後あまり遊ばなかったので手乗りではない。
ハクちゃんはオスなのでいろいろな言葉を覚えていつもしゃべっていたのに....
[ 2015-03-26 (Thu) 18:02 ]   Comment(0)
   Category:ペットたち

ポーリッシュ(オス)

卵からかえして育てましたが、雄叫びを上げ始めてからは家の中でケージで飼育していたため、
あまり外で遊ばせてやれず不憫なので先月埼玉の川越に里子に出しました。
外に出すと高いところに上がりほぼずっとそこにとどまっておりおとなしかったです。


ポーリッシュ(メス)

同じく卵から孵したオスと兄弟でとても良く慣れています。
ボンバーヘアーがすごすぎて前見えてるの?って感じですが、
実際あまり見えてません(笑)
ほぼ目の前の下くらいしか視界が無いようです。


白ウコ(チビちゃん現在)

我が家に来てすぐのチビちゃん
羽はつつかれてボロボロですね。
頭はまるで丸刈りの中学生みたいです。

国立市でウコッケイをたくさん飼育されているTさんから譲っていただきました。
この子は他の鳥に苛められてボロボロでかわいそうなので、単独飼育できる事を条件に譲り受けました。
確かに当初は先住鶏に苛められていましたが、現在ではチビちゃんより後に来た鳥のグループでは一番偉いようです(笑)
人馴れはいまいちですが、小柄でかわいいです。
チビちゃんという名前は前の飼い主さんがそう呼んでいたのでそのまま引き継いでいます。


ウコッケイ(スプラッシュ)

チビちゃんと同じ国立のTさんより譲っていただきました。
みての通りチョーモコモコで立ち姿はとても鳥には見えません。
まるでプードルみたいです。
とても良く慣れていて、また天然ボケのようなところもありすごくかわいいです。



セブライトバンタム(ゴールド)

イギリスのセブライト氏という人が作出したバンタムです。
羽の黒い縁取りが特徴でとてもきれいです。
性格は人にはとてもおとなしく動きもおっとりしています。
また、この子だけかもしれませんが、ケージを開けておいても出て行こうとせず、ほぼずっと中に居ます。
ただ身体が軽くしっかりとした羽を持っているのでかなり高いところまで飛びます。


碁石チャボ(オス)

メスという事で譲り受けたのですが、到着した翌朝にコケコッコーと鳴き出しました(アララ....)
半年ちょっと飼育しましたが、今月埼玉でメスの碁石のお婿さんとしてもらわれて行きました。
とてもおとなしくかわいかったです。
また、見ての通り立ち姿がとても良く、見ていてあきませんでした。


碁石チャボ(メス)

メスだと思っていた鳥がオスだったので鳥屋さんで見つけてきました。
最初は全然慣れていませんでしたが、最近急に慣れだして肩や頭に飛び乗ってきます。


小地鶏(こちどり)

碁石チャボを購入した鳥屋さんで見つけ雉の様な綺麗な柄に一目ぼれして連れて帰りました。
大きさはちょうど小軍鶏くらいで体型も良く似ています。
性格はとても人懐っこく最初から全く人を怖がらず、好奇心旺盛で積極的。


桂チャボ

この写真はしゃがんでるわけではないんです!
これでも他の鳥たちと同じく普通に立ってるんです!!
チョーチョー短足なんです。
歩いてる姿はまるでペンギンのようによちよち歩きで笑ってしまいます。
おかげで羽の先端は擦り切れおなかは真っ黒です。
でもイーんです!かわいいから


猩々チャボ

綺麗な薄茶、というか頭から首はほぼ金色のチャボです。
桂チャボが居なければこの子も相当な短足ですが、
なにせ桂チャボがあまりに短いんでまるで普通に見えます。
性格は若干神経質なところがありますが、最近はだいぶ慣れてきました。


逆毛チャボ

全ての羽が頭の方に向かってカールしているチャボです。
探しに探して千葉県の牛久ペットセンターで見つけて連れ帰りました。
この子はものすごく神経質ですぐにパニックになり、一度なるとなかなか収まりません。


白ウコッケイ

昨年8月12日生まれの姉妹
良く食べよく動き元気いっぱい

[ 2015-03-25 (Wed) 23:37 ]   Comment(0)
   Category:ペットたち
我が家にやって来たニワトリたちをやって来た順に、すでに居ない子も含めて紹介します。
ウコ1さん
ウコ1
一番最初に我が家に来た3羽のうちの1羽でそこそこ人馴れしてます。
頭カキカキは大好き。
ニワトリ達には特に名前をつけてないのですが、ブログを書くと名無しだと書きづらいのでウコ1となりました。

ウコ2さん
ウコ2
人馴れしてません。


烏骨鶏3羽お迎え当初25年10月の写真

子供のとき以来数十年ぶりに飼育するのニワトリたち
鳥オークションサイトで落札し、広島県よりやってきました。
奥からウコ1 ウコ3 ウコ2
まだ、3ヶ月ほどで、ピヨピヨ鳴いてました。
何故ウコ3の現在の写真がないかというと、この3ヵ月後に猫にやられてしまったのです。
ネットで囲っただけの簡易鳥小屋の、ネット際から外に出てもって行かれてしまいました。
叫び声が聞こえたので、あわてて2階から駆け下りて行ったのですが、
着いた時はすでに、大量の羽が固まって落ちているのと、点々と外まで続く羽があるだけで、
羽を追って外へ行きましたが、発見できませんでした。
 この事をきっかけに、庭全体をネットで囲い猫の侵入を防ぐようにしました。


ライトブラマ

世界最大種のニワトリ、大きい体と厳つい顔に似合わずとてもおとなしい性格で、
人に対する攻撃性は全くなく、好きではないようですが、抱きかかえれば何をされてもじっとしています。
食べる量は半端じゃなく、ウコ1の5倍くらい消費します。


ブルーブラマ(26年6月没)

ウコッケイを迎えたあとすぐに、鳥オークションサイトで落札し、
栃木県よりやって来た子です。
生後約1年位ということだったのですが、実際はもっと年だったようで、
当初より、歩くとすぐにつまづき転びそうになっていたのでおかしいとは
思っていたのですが、冬に来て翌年の4月頃にはほとんど歩行困難になり、
餌を食べるとき意外はほぼ、同じ場所でじっとしているようになってしまい、
最後は、怪我をした足が悪化し亡くなってしまいました。
おとなしくて可愛かったです。


亡くなる1ヶ月ほど前

もう上の写真のように立ち上がる事はできず、
ほとんど一日中こうしてうずくまってました。
[ 2015-02-26 (Thu) 10:38 ]   Comment(0)
   Category:ペットたち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。